奇跡の温泉-効能-
ホーム > 奇跡の温泉-効能-

ラジウム温泉とは?

 
ラジウム温泉とは?

「温泉法」では、ラジウムやラドンを含む温泉を「放射能泉」として定義しています。
温泉であるからには、まず水温が25度以上あること。その上で、温泉1キログラム中に
① ラドンが74ベクレル(= 5.5マッヘ)以上 または、
② ラジウム塩が0.00000008ミリグラム以上
含まれるものを定義としています。

   さらに昭和54年からは、新泉質名としてこの放射能泉がさらに細かく分類されたため、
① 単純放射能泉 ラドンが50マッヘ以上
② 単純弱放射能泉 ラドンが8.25マッヘ以上、50マッヘ未満
と掲示される場合もあります。

 地下にあるラジウムから生まれたラドンは温泉水に溶けて地上に上がり、皮膚から吸収されたり、空気に放散して呼吸によって取り込まれます。

「放射能泉」と、注目の「ホルミンシス効果」

 「ラジウム泉」「ラドン」については、古くからその効能が実証され、メカニズムの解明も進んできました。もっとも有名なのは三朝温泉にある岡山大学病院三朝医療センターでの温泉療法の実践と研究。一九九二年、同大学の御船政明氏は、「三朝温泉の住民のガン死亡率は、全国平均や周辺よりも低い」と発表しました。

 現代医学の分野では、そのメカニズムを解明する動きが相次ぎました。最近では、微量の放射能が身体の免疫力を引き出すなどさまざまな機能を亢進する効果、いわゆる「ホルミシス効果」が注目を集めています。

ホルミシスHormesis とは、ギリシャ語のホルモHormo(刺激する、促進する)からきたもので、1978年、当時ミズーリ大学のトーマス・ラッキー生化学教授の著書で発表された概念で、「生物に対して通常有害な作用を示すものが、微量であれば逆に良い作用を示す生理的刺激作用」をいいます。

 ラッキー教授は放射線の生体作用についての研究結果を解析し、結論として「少量の放射線は免疫機能を向上させ、体の活動を活性化し(中略)、老化を抑制して寿命を延ばすなど、いろいろな面で生物学的にみてよいバイオポジティブな効果をもたらす」(みんかつ2006 前掲の阿岸博士論文より)としています。

ページの先頭へ

「奇跡の温泉」 村杉温泉の効能

国宝級の源泉

村杉温泉共同浴場周辺には、3つの源泉が集まっています。
 中でも、2001年に発見された3号井は、国内最大級の204.7マッヘ、ラジウム泉にしては驚異的な毎分483リットルの湧出量を誇ります。通常の温泉の平均湧出量が源泉1本で毎分約100リットルのところ、放射能泉の場合は毎分20~50リットルで、ある有名温泉研究者が、「国宝級!」と感嘆したのもうなづける話です。

村杉温泉の効能

「村杉温泉の秘密 -複合型放射能泉-」

 新潟大学名誉教授・島津光夫博士によると、花崗岩の岩盤に断層などの割れ目が多かったり、風化が進んで岩石がもろくなると、そこを通過する地下水と岩石が接触する面積が増して、放射性元素を溶かし込む率が高くなるといいます。

   村杉付近には新発田―小出構造線という断層帯が走っていて、東西にふたつある断層のうち、東側の断層に湯脈のもとがあります。堆積岩に起源があり、断層が走る村杉では、こうしたわけで「ラジウム泉」が生まれました。この湯脈の他、村を流れる伏流水からもラドンが検出されています。

 村の中心部の砂礫層は、3万~1.8万年前に発生した村杉土石流の堆積物。この砂礫層の中を流れる伏流水に、湯脈からラドンを含む水が混じったため、放射能が高く、旅館の井戸水から20マッヘを超すラドンが検出されている例もあります。温泉に入るだけでなく、井戸から汲んだ伏流水を飲んだり、庭を散歩するだけで伏流水から立ち上るラドンを吸い込むことができるわけです。

   湯脈と伏流水が組み合わさった複合型放射能泉。これが「村杉の秘密」なのです。この特殊性から、奇跡とも称されるラドン含有量と、効能が生まれました。

ページの先頭へ

村杉温泉の笑顔

村杉温泉の笑顔

訪れる人々は多種多様、皆様とてもいい笑顔

◇総合病院で肝臓に親指大2センチ位の影があると診断されたが、薬師乃湯に通ったら半年後の検査で影が完全に消え身体の調子も良くなり健康体に戻った。 (阿賀野市 女性)

◇手や膝の関節痛の為、座る事も歩く事にも困難な状態であったが、村杉温泉の薬師乃湯が良いと聞き、藁をつかむ思いで通ったところ、2ヶ月位から痛みもやわらぎ今では、殆ど痛みもなく元の身体に戻りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。(阿賀野市 男性)

◇足腰の神経痛で満足に歩けず、引きずるような歩き方でしたが、この村杉温泉に通ったら1ヶ月位で痛みも消え元の身体に戻りました。その後も通い続け今では日課となっています。(新発田市 男性)

◇薬師乃湯に心も身体も癒されています。本当に気持ちが良くて番台のおばちゃまも元気良くていい人です。すっごく優しくて大好きです。私のおばあちゃんになって欲しいくらいです。有難うございました。(阿賀野市 女性)

◇昔の丸いお風呂は熱すぎましたが、今はちょうど良い温度です。また駐車場も広くなり、便利になりました。(阿賀野市 男性)

◇3年前の定期健診で胆のうに腫瘍が見つかったが、ラジウム温泉のおかげで、医師に指摘されることもなく、今では健康に過ごしています。(阿賀野市 女性)

◇2年前にガンの手術をした。リハビリを兼ね村杉のラジウム温泉に通っているが、その後の経過も良く毎日が楽しい。(阿賀野市 男性)

◇1年前にガンの手術をしました。その後、ガン予防と術後の体力回復を兼ねて来るようになりました(父の勧めで)。現在はガンの再発も見られず、いたって体調は良いです。(五泉市 女性)

共同浴場のアンケート(平成五年実施)から抜粋。
(村杉温泉組合「村杉温泉『村杉温泉薬師乃湯』ホームページよりhttp://www.yakushinoyu.com/

ページの先頭へ